Footprint

おもいついたこと、あれこれ、自由に書いています。よろしかったらごらん下さい。このサイトから何かを感じていただければ幸いです。…….

記事一覧
  • 2008/09/21

    散策・旅行

    佐渡金山で露頭に鉱脈がでている道遊の割戸(どうゆうのわりと)。真夏だというのに、金山の内部は10℃以下の寒さであった。昨年の夏、久しぶりに家族揃って旅行をした。...

  • 2008/09/20

    PC・ネットワーク

    十年一昔(じゅうねんひとむかし)というが、時の流れを感ずる。というのも、これまで、仕事や趣味で携わってきたコンピュータの移り変わりを思い出してみると、よくわかる...

  • 2008/09/15

    日記

    このところ、田舎に帰省するのはほぼ一年に一回、夏のお盆の前後にお墓参りにいくくらいであり、なかなかいけなかった。高校卒業後、関東地方で生活の居を構え、暮らしてい...

  • 2008/09/15

    音楽

    2005年11月、ひとりのアーティストが、急性骨髄性白血病で38歳で他界した。本田美奈子.である。彼女のデビューは1985年、私が当時勤務していたT社の研究所の...

  • 2008/09/15

    日記

    二月一日の夜、八時三十分過ぎのことであった。私は、勤務先から帰宅の途上で、横浜線の電車の中にいた。突然電車が止まった。車掌のアナウンスでは関東地方に地震とのこと...

久しぶりの家族旅行

久しぶりの家族旅行

佐渡金山で露頭に鉱脈がでている道遊の割戸(どうゆうのわりと)。
真夏だというのに、金山の内部は10℃以下の寒さであった。

 

 

昨年の夏、久しぶりに家族揃って旅行をした。揃って遠出することは滅多になく、子どもたちが小さい頃を除けば、それまで何年もなかったのたが、たまたま、勤続何年かのイベントで有期の旅行券をいただけたのである。これを使用させてもらって、家族の希望もあり、佐渡島へと出かけた。

 

佐渡は、交通の便を考えないと自由に回れない。良き交替運転者の妻と二人の息子を得て、自家用車で島内を回ることができた。

 

一番喜んだのは我が家の一番下の息子であった。直江津港からカーフェリーに乗るのもはじめてだし、「本土から離れる」のもはじめてで、うれしそうだった。私自身も、新潟県生まれでありながら、佐渡へは一度もいったことがなかったので、よい機会を得たとおもっている。

 

佐渡では、小木港から入り、最初の晩は相川町に宿泊、翌日、佐渡金山の跡見学と、砂金採りの体験をし、さらにトキの保護をしている公園、郷土資料館を見て回った。あの話題にのぼったジェンキンズさんにも資料館で会うことができた。

 

旅館でのひとときもまた楽しいものだ。窓からの景色も海鮮料理も想い出に残るものであった。

 

佐渡の歴史、人情に触れ、喜ぶ家族の顔を見て、この時に来られて良かったと思っている。

 

子どもたちもひとり、ふたりと独立し、それぞれ巣立っていく。今後おそらく、このメンバーが家族旅行で揃うことは滅多にないだろうとおもっているが、願わくばいつかまた揃って旅行をしたいものだ。

 

(2008-2-24)

 

 

佐渡で困ったことのひとつは、携帯電話の一部が通じない地域があったことです。

PHSは、相川町、両津の付近ではつながりましたが、その他ではまったくだめでした。

Docomoとauは、ひとまずOKのようでした。

 

(2008-12-16 追記)

 

時の流れを感じるとき

時の流れを感じるとき

十年一昔(じゅうねんひとむかし)というが、時の流れを感ずる。

 

というのも、これまで、仕事や趣味で携わってきたコンピュータの移り変わりを思い出してみると、よくわかる。

 

いまは、ウィンドウズXPやビスタが全盛であるが、私がコンピュータに直に触れたのは、1978年頃、当時の米国コモドール社製の8ビットのもので、BASICという言語でプログラムを自作し、機器の制御やデータ収集に使用していた。

 

5インチのフロッピーディスクはよく読み込みエラーを起こし、プログラム自体もたまに暴走するという信頼性に欠けるものであった。

 

その後、日本のN社がPC8001というマイコン(バソコンとも呼んでいたが)を市場に売り出しした。信頼性は格段に向上したが、価格は一式80万円くらいした。もちろん、まだまだとても個人で買えるものではなかった。

 

1980年代前半はまだ8ビットマイコンが残っていたが、16ビットが主流の時代になった。しかし、まだ、BASIC言語でプログラミングしていたが、メーカー各社の仕様が統一されていなくて困ったものである。

 

仕様統一のきっかけとなったのが、MSXの登場であったとおもっている。MSXは1983年ごろ登場し、価格が安く4-6万円くらいで本体が買えて、家庭のテレビに簡単に接続でき、BASIC言語でプログラムを自作できるほかに、ソフトメーカーからもMSX仕様のソフトウェアが売り出されていた。

 

ここにきて、ようやく個人でコンピュータが持てる時代になったのであった。その後、32ビットの時代になり、OSもウィンドウズ3.1、95、98、2000と変化していった。

 

いままで、自宅で個人で購入し、使用したコンピュータを数えてみると、MSX、MSX2、Dynabook、Libretto、ThinkPadとそれぞれに想い出がある。

 

 

ことしの一月にパソコンのOSを入れ替えた。それまでウィンドウズ98を使用していたのだが、ウィンドウズ98用のウイルス対策ソフトがもうサポートされないことになってしまったため、やむなくXPを入れることにした。それでも、もういまはビスタの時代になってしまった。

 

時の流れははやいものである。

 

(2008-9-20)

 

 

(追記)

 

正確にいうと、MS-DOSというオペレーションシステムが先にできていた。これは16ビットのコンピュータ用のものであった。MSXは8ビットのコンピュータであるが、MSX-BASIC というものが先に共通仕様化されてできていた。16ビット用のMS-DOSと同じように8ビット用として作られたのが MSX-DOS であった。フロッピーディスクの形式は2DDが主流であったが、MS-DOS上でもデータの読み書きができる優れたものであった。

 

 

当時、私は、職場では16ビットのコンピュータで、家では8ビットのMSXで、同じフロッピーディスクを持ち運びして仕事を処理していたことを覚えている。

 

(2008-10-18 追記)

 

帰 省

  • 投稿 2008/09/15
  • 日記
帰 省

このところ、田舎に帰省するのはほぼ一年に一回、夏のお盆の前後にお墓参りにいくくらいであり、なかなかいけなかった。高校卒業後、関東地方で生活の居を構え、暮らしていると、なかなか動けないものである。(いままで、仕事が多忙だったからでもある。と言い訳していた。)

 

ところで、帰省した折に必ず立ち寄るのが親戚の家だが、そこでは地域のいろんな話が話題として上がる。その中でも、集落の人口減、老人所帯の増加にどうしても話がいってしまう。

 

私の出身の集落では、私が小学校の時代には四十数戸あった所帯も、いまでは十七戸と聞く。集落の半数以上が減少している。また、四十歳代以下の若者のいる所帯はわずか四戸だとのこと。十七戸と少ない集落ではあるが、それにしてもここまで少ないとは。農山村の過疎化の現実がここにある。自省も込めてだが、かくいう我が家も減少した内に数えられるのだ。いま、宅地、墓地は別としても、農地が荒廃している。誰も手を出せない。まして、地すべり地帯の農地(田畑)であるので、境界すらわかりにくくなっている。いつかきちんと整理しなければいけない、そう思いながらなかなか手をつけられないでいる。地域活性化とよく言われるが、いったいどうしたらいいのか、具体的な計画と行動がよく見えないのだ。

 

 

ときたま、国会図書館に行く機会がある。時間のあるときに、「郷土誌」を借り出して眺めている。そこには、私が知らなかったふるさとの自然・地理・地勢・歴史が記されている。資料編には、私の祖父や曽祖父の名前も載っているのだ。

 

しかし、三十数年前と違い、交通機関も発達し、時間的にも距離的にも近くなってきたように感じる。

いま、北陸新幹線の工事中と聞く。これが完成すれば、東京から二時間あまりで上越に行ける。なので、もっともっと距離は縮まり、できることも増えてくるのではないかと、ひそかに期待している。

 

(2008-2-24)

 

あるアーティストの生涯

  • 投稿 2008/09/15
  • 音楽
あるアーティストの生涯

2005年11月、ひとりのアーティストが、急性骨髄性白血病で38歳で他界した。本田美奈子.である。

 

彼女のデビューは1985年、私が当時勤務していたT社の研究所の、たしか夏祭りのイベントであったとおもうが、デビューしたての彼女がステージで歌っていたのをおぼろげながら覚えている。

 

直接、本人を見たのはこのときが最初で最後であった。およそアップテンポの曲で、当時はあまり興味がなく、そのままになっていたのである。

 

それから二十年後、私は再び彼女の名を耳にした。アメイジング・グレイスという歌(讃美歌)を聴いたのである。すばらしい歌声であった。

 

それをきっかけに、再び彼女の歌を聴くようになった。

 

調べてみると、アイドル時代、グループを組んでいた時代、ミュージカルへの挑戦の時代、クラシック音楽との出会いなど、その時代ごとに、特徴のある歌を発表していることがわかってきた。

 

 

いま、彼女の歌はCDやインターネットのユーチューブなどで聴くことができるが、すばらしいアーティストの歌声である。

 

(2008-2-24)

 

 

 

忙しさの中で

  • 投稿 2008/09/15
  • 日記
忙しさの中で

二月一日の夜、八時三十分過ぎのことであった。私は、勤務先から帰宅の途上で、横浜線の電車の中にいた。

 

突然電車が止まった。車掌のアナウンスでは関東地方に地震とのこと。しかし地震自体は、そんなに大きくなく、私は、電車の中にいたもののほとんど感じなかった。実際、携帯電話のインターネットで調べてみたが、震度3程度との情報で、このくらいならすぐに電車は動く(復旧する)だろうと考えていた。だが、実際に電車が動き始めたのは、それから3時間半もたった後だった。

 

普段の通勤時間(ドア・トゥー・ドア)は1時間ちょっとであるが、その日の帰りは実に4時間半もかかってしまった。数年前に、やはり帰宅途上で大雪のため電車が止まり、私鉄を乗り継ぎ、徒歩で帰宅したときは、6時間かかったが、それに次いで二番目に長い通勤時間であった。

 

こんなに時間がかかるとは.....、こんなアクシデントがあるときつい。

 

仕事の関係で、毎日帰宅する時間がどうしても遅くなってしまう。そのしわよせは睡眠時間に行く。

 

なぜか。なぜそんなに仕事が忙しいのか。答えは、簡単ではない。

 

いまの自分の年齢を考えるとそれなりの仕事をこなしていかないといけない。部下をみてあげないといけない。常時、企業全体、世の中、社会全体の動向を見て、動かないといけない。米国、欧州と時差があるため、電話会議なども早朝か夕方遅くになる。など、いろいろあるが、やはり突き詰めていくと責任感からだろうか。それともあせりからだろうか。

 

 

数年前、妻からいわれたことがある。「せめて、夜十時には帰れるようにしたら?」

このことばは、いまでも私の宝物である。だが、なかなか守られてはいない。

 

考えてみると、私の場合、四十歳を過ぎたあたりから忙しさが増してきて、だんだん帰宅時間が遅くなってきた。いまでは、平日は帰宅する時間が遅い。

仕事内容の変化もある。一介の技術者からある程度のマネジメントを任されるようになっていく。一応それなりの専門分野はあるつもりだが、こう忙しくなってくると何が専門なのかわからない、それほどいろいろなことをこなしている。

 

そんな中、通勤途上のちょっとした時間は大事である。大事に使いたいとおもっている。

 

会社への往き、復り、電車に乗るが、そこでは携帯用音楽プレイヤー(iPodなどが有名だが、私の持っているのは四千円程度の安物。でも十分楽しめる。)で音楽を聴くことにしている。(もちろん人様に迷惑がかからないようにしてだが。)

 

お気に入りのアーティストは、森山良子、加藤登紀子、倍賞千恵子、久保田早紀、山口百恵など。最近では、倉木麻衣、本田美奈子の歌も良い。また、鄧麗君(テレサ・テン)の中国語の歌も聴き応えがあって良い。

 

ひとときをほっとさせてくれる歌、落ち込んでいるときなどに元気付けてくれる歌などがお気に入りである。

 

元気付けてくれる歌といえば、岡村孝子の「夢をあきらめないで」(この歌は甲子園の入場ソングにもなったとか)、ZARDの「負けないで」などであろうか。

 

なかでも思い出すのは、岡本真夜の「Tomorrow」である。何年か前、仕事の関係で、ほぼ一~二週に一回くらいの割合で北海道旭川へ出張していた時期があった。半年間くらいであろうか。日帰りで羽田~旭川間を飛行機で往復するのであった。機内では、イヤホーンを耳にして番組を聴いていたが、その中にJPOPの歌番組があった。ある二ヶ月くらいはその番組の必ず最後に流れる曲が、Tomorrow」であった。そんなわけで、この曲は印象に残っている。仕事で疲れて落ち込んでいるときに元気付けてくれた歌でもあった。

 

忙しさの中でも安らげる時間を持つことは重要とつくづく感じているこの頃である。

 

(2006-3-4)