年別:2015年
ホームPage 1 / 11
デュアルブートのOSの片方をWindows10にアップグレードする方法

1. はじめに

 

7月29日に、PCのOSのひとつであるWindowsは、Windows10がリリースされた。たしか、アナウンスでは、Windows7かWindows8.1のOSを使用している場合は一年間は無償でアップグレードできるということだった。それで、今回は、これに挑戦してみた。

 

結論からいうと、Windows10へのアップグレードは、最終的にできたが、まったく問題なしというわけにはいかなかった。

 

ここでは、その手順を思い出しながら、述べてみたい。

 

2. 使用したPCの環境と状態

 

まず、PCの環境は、ThinkPadR52で、32ビット、メモリ2GBのノートPCで、OSとしてLinux(都合でFedora14をインストールしてある)とWindows8.1のブートを起動時に選べるデュアルブートの構成である。

 

ハードディスクのパーテイションは、Linux(Ext4)/Windows(NTFS)/Linux-Swap/Data(FAT32)で、Windows8.1をインストールしてあるパーティションのサイズが約30GBで、そのうち使用済みがデータを含めて約28GBという状態であった。つまり、約2GBしかハードディスクの容量がないという状態であった。

 

3. 事前準備

 

とにかく、ハードディスクに空きをつくらなければいけない。

 

そこで、まず、(1)データのバックアップの実施、(2)不要なメールのデータの消去、(3)不要なプログラムの削除(後でも再インストールできるものはいったん削除した)、(4)ディスク(C:)のクリーンアップを実施した。

 

ひととおり、これらを実施し、Cドライブの空き容量を約8GBまで増やした。

 

4. 起動ディスクの作成(予備)

 

次に、Windows10のダウンロードのサイトから、「他のPC用にインストールメディアを作成する」を選択し、Windows10のISOイメージをダウンロードし、DVD-Rに焼き付けて起動ディスクを作成した。この起動ディスクのISOイメージは約3GBであった。

 

ディスクを作成後、ダウンロードしたISOファイルは削除した。この状態で、Cドライブの空きは約8GBであった。

 

5. アップグレードの開始から終了まで

 

続いて、Windows10のダウンロードのサイトから、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、Windows10のアップグレード作業を開始した。アップグレードデータのダウンロードから始まって、約1時間、インストールできる直前になって、「Cドライブの空き容量が足りません。」との警告がでた。

 

あと300MB程度のようなので、さらに、不要なデータを削除し、続行した。

 

その後は、順調にインストールが始まり、数回、再起動し、およそ1時間程度で、Windows10へのアップグレード作業は終了した。

 

6. プロダクトキーの抽出

 

これで、完了ではあるが、ひとまず、Windows Product Key Viewerをインストールして、プロダクトキーを抽出し、先に作成したWindows10のDVD-Rディスクとともに保管した。ここで使用したものは、RJL Software社のfree utilityである「Windows Product Key Viewer v1.07」(→ http://www.rjlsoftware.com)である。

 

Windows10の状態にて抽出したプロダクトキーは、アップグレード前のOSのものとは異なる。必ず、アップグレード終了後のものをチェックしておく必要がある。あとあと、クリーンインストールの時のためにも必要になるから。

 

以上が一連のアップグレードの流れである。

 

7. PCの起動の確認

 

PCの起動は、これまでどおり、マルチブートマネジャー MBM (Multi Boot Manager)を使用し、問題なく行えることを確認した。

 

また、Windows上のソフトのチェックはまだ充分ではないが、Firefox、Thunderbird、Dropboxはひとまず正常に動作した。

 

8. アップグレート時のポイント

 

ここでのポイントは、やはり、WindowsがインストールされているCドライブの空き容量であって、今回実施した経験から、アップグレードの場合には、空き容量は少なくとも9GBが必要ということがわかった。

 

9. ハードディスク(Cドライブ)の空き容量を増やす方法

 

Windows10へのアップクレード終了後に、Cドライブの空き容量を増やしたいとおもったので、不要なファイルが残っていないかを調べてみた。

 

その結果、次のフォルダ(ディレクトリ)のファイルは、もしも、以前のWindows8.1やwindows7に戻す必要がないときは削除しても良さそうだったので、思い切って削除してみた。

 

$Windows.~BT

$Windows.~WS

Windows.old

 

 

いずれも、ルートディレクトリにある。設定によっては、非表示となっているかもしれない。このファイル削除を行うことで3GB以上の空き容量を増やすことができた。ただし、一括のファイル削除は、不可能らしく、一個ずつ確認しながら削除しなければならない。また、削除したのはファイルのみであって、ディレクトリ構成は、そのまま残した。

 

このファイルを削除した状態で再起動しても、Windows10は正常に起動できることを確認した。

 

空き容量が増えたところに、バックアップしておいたデータファイルをコピーし、ほぼ以前のWindows8.1のときのデータ構成にもどすことができた。

 

Cドライブの空き容量が充分ある場合には、こんな面倒な作業は不要かもしれない。ただ、データのバックアップと、プロダクトキーの抽出は、やっておいたほうが良いとおもわれる。

 

10. クリーンインストールについて

 

クリーンインストールについて、述べてみたい。

上記の方法で作成したDVD-Rディスクと抽出したプロダクトキーがあれば、後日、同じ機種で、新規にインストールする必要が生じたときに使用できる。

 

実際、筆者も、Windows10のダウンロードのサイトから、「このPCを今すぐアップグレードする」前に、「他のPC用にインストールメディアを作成する」を選択して作成したDVD-Rから、クリーンインストールを試みたことがある。

この場合には、最初に、Windows10のプロダクトキーの入力が求められる。しかし、以前のOSのものではNGなのである。

 

やはり、手順としては、いったん、現状のPCにてアップグレードを行い、その後、プロダクトキーを抽出取得し、さらに、必要があれば、または、最初からクリーンインストールしたいのであれば、作成したDVD-Rと抽出したプロダクトキーを用いて、インストールを行う、というのが良いとおもわれる。

 

無償でアップグレードできる期間は一年とのことなので、しばらく様子見でも良いかもしれないが。

 

以上、なんらかのご参考になれば幸いである。

 

(2015-8-10)

 

 

  • 特集
「本で床は抜けるのか」- 国際ブックフェアとコンテンツ関連の展示会

先日、有明にある東京ビックサイトで国際ブックフェア並びにコンテンツ関連の展示会があり、出かけてきました。

 

いろんな本の展示がありました。本や雑誌といっても、最近は、電子書籍といって、パソコン(PC)やタブレット端末、スマートフォン(スマホ)で見る/読む時代に変わりつつあります。書籍(本や雑誌)の流通経路もいままでとは様変わりです。

 

おもしろいとおもったのが、スマホやタブレットで人気の雑誌180誌以上を読み放題というサービス。気に入ったページや写真はネットでプリントできるというもの。

(→ https://www.optim.co.jp/tabuho/ )

 

 

また、あるブースでは、「本で床は抜けるのか」というおもしろい講演をやっていました。Webに掲載された記事が紙の本という形で世に出ていき、さらにデジタル出版として進化していく、これらの過程でさまざまな問題があるそうです。

(→ http://tt2.me/16745 )

 

さて、併設のキャラクターブランドライセンス展では、人間の女性そっくりのアンドロイドロボットが展示されていました。ことばをしゃべり、動きに反応するんです。

 

 

また、空中に、霧のカーテンをつくり、そこにプロジェクタでアニメーションを投影して、演出するという装置もみてきました。

 

 

さらに、クリエイターEXPOというものもあり、漫画、音楽、イラスト、書道、絵本、など個人のブースがたくさんあり、おもしろいものがたくさん展示されていました。

 

たまに、こういうものを見るのは刺激になっていいのかもしれません。歩き回ったので、とても足が疲れましたが...。

 

(2015-7-5)

 

 

 

  • 日記
勝山一義先生ご逝去

勝山一義先生のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみを申しあげます。
私どもが有恒高校の二年のときに世界史の授業をして下さり、生徒会の顧問として数々のご指導をいただいたこと、また、近年では、私ども有恒高校昭和46年卒業の有志で発行している文集「雪駄」にご寄稿いただき、活動を激励いただいたことなどが、いまでも思い出されます。本当に感謝しております。
安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。

 

勝山一義先生より文集「雪駄」にご寄稿いただいた作品をここに紹介させていただきます。

 

 

・「小説『坊っちやん』誕生秘話」を出版して

・校歌の意味

→  文集「雪駄」にご寄稿いただいた作品 ( katsuyama.pdf )

 

(2015-5-20)

 

 

 

「校歌の意味」を文集「雪駄」にご寄稿いただいた時の勝山一義先生の自筆原稿をご紹介します。2012年3月のものになります。

→  自筆原稿

→  投稿いただいたときの添え書き

 

 

(2019-2-16 追記)

 

  • 音楽
音楽とのかかわり - 吹奏楽、ピアノ、CD、ストリートなど

中学校や高校で学ぶ芸術の科目には、音楽・美術・書道などがあるが、人により好みはあるだろう。どちらかというと私は、音楽を楽しむという割合が高いような気がする。

 

音楽とひとことでいっても、いろんなジャンルがある。昨年を振り返ってみると、音楽関係のかかわりといえば、演奏会、CD、ストリートミュージックなど。

 

演奏会では、9月ごろの市の音楽団体の演奏会、11月の河村尚子さんのピアノリサイタル、11月末の習志野高校吹奏楽部演奏会、に出かけた。

 

演奏会での生の演奏は、CDやPCの動画で見聞きするのとは、また、ちょっと違ったものである。なによりも迫力が違う。

 

ピアノの音色が好きで、楽曲にピアノが使われていると、聞き入ってしまう。

 

吹奏楽は、高校時代に少しばかりやっていたことがあるが、いろんな楽器の音色を楽しむことができ、良いものである。最近聴く演奏は、以前とは、また、違った音の響きを感じる。それだけ、いろんな音を楽しむことができるようになったのだと思う。

 

また、Book-Offなどで、少し昔のCDなどを見てまわる。ときには、驚くような掘り出し物に出会うときがあった。三宅由佳利さんの「祈り」、太田裕美さんの「短編集」など。

 

また、ストリートミュージシャンとの出会いもある。最近では、CINEMASという名で活動しているおかっぱミユキさんなどなど。

 

というわけで、いろんなジャンルがあるとはいえ、好きな音楽を楽しんでいる。

 

音楽好きになるには、良い音楽をたくさん聴くことが一番であるといわれる。数十年前とは違って、現代はそういう環境がより整っているので、もっと音楽を楽しんでいきたい。

 

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&チェロ・ソナタ

 

ショパン:バラード

 

祈り~未来への歌声

 

希望~Songs for Tomorrow(初回限定盤)(DVD付)

 

短編集


(2015-05-20)

 

ひどい迷惑メールの対処法

迷惑メールが最近増えているようにおもう。一日に数通くらいならば無視できるが、それが一時間に3-4通、深夜の時間帯もかまわず一方的に機械的に送りつけられるのは、とても迷惑である。ときどき、このような類のメールが届く。このようなとき、単純に配信停止要請をしても、かえって相手を刺激し、メールの数量が増加することもある。

 

メールの内容はともかく、数量が多いのは問題。おそらく、自動で機械的に集めたメールアドレスに配信しているのだ。

 

参考までに、どのくらい多いのか、過去に経験した例をみていただきたい。

 

→ http://myfootprint.sitemix.jp/spammail_examples/

 

これに対して、どうしたらいいのか。試みた方法を記してみようと思う。

 

この配信元を特定し、そこに、迷惑している証拠をつきつけ、即時の配信停止を要求する。警察署への通報も辞さない、という態度で臨むと、たいていは配信を停止してくれる。

 

これまで、とても異常でひどい場合に、この方法で数件を停止させた。

 

このような配信元は、出会い系サイトへの誘導の場合もあれば、サイト利用料金詐欺の場合もあった。

 

この方法ですべてが解決できるわけではないが、おそらく7割以上は、配信を停止してくれるだろう。

 

方法は比較的簡単である。それには、送信されたメールのヘッダーをみて、必要な情報を集めることがまず必要である。

 

・送信者: ここにはメールが届かなかったときの返信先が記述してある。Reply-To とある項目がそうである。

 

・差出人: メールの差出人、発信者でFrom とある項目である。差出人の名前とアドレスが例えば次のように記述されている。
Get'sカ○タマーサポート <info@g8goi■yerff.pw>
神草 か○る【国境なき支援団連】 <info@g8goi■yerff.pw>

注意することは、差出人の名前が異なっていても、差出人のメールアドレスが同じことがある。逆に、差出人が同じでも、アドレスが別のこともある。迷惑メールはおそらく多数配信されているだろうから、いくつかのメールのヘッダーをみて、何種類かあることを知っておくのが良い。

 

・IPアドレス: 発信のIPアドレスと、途中経由するIPアドレスのふたつが記してある場合が多い。これを調べると、どの国のどの事業者から発信されたかがわかる。
発信IPアドレス: 175.45.173.97-109
経由IPアドレス: 27.255.66.248

 

次に、発信メールのドメインを調べる。同じ種類のメールでも、ドメインが異なることも多い。

 

例えば、ドメインとして
g8goi■yerff.pw
g8gio■e7tef.pw
g8gli■79weq.pw
のようなものが使われていた。このドメインを調べると、誰がこのドメインを取得したか、誰が使用しているかがわかる。また、ドメイン登録者、ドメイン管理者の氏名、住所、電話番号、連絡先メールアドレスの情報がわかるのてある。

 

では、どうやって調べるのか? 一般的には、ドメインの情報検索は、WHOIS情報として知られている方法で調べる。例えば、http://whois.domaintools.com などで、調べたいドメインやIPアドレスを検索窓に入れて検索すると、出てくる。

 

ここまでわかれば、ドメイン管理者あてに、調べた情報を添付して、配信された自分のメールアドレスから、迷惑メールの配信停止要請を行うのである。ただし、この際、こちら側の情報のうち、メールアドレス以外はできるだけ出さないように注意しながら行うべきである。

 

おそらく、迷惑メールの発信者は、添付された情報を見てだとおもうが、たいていは、すぐに迷惑メールの配信を停止してくれる場合が多かった。これでも止まない場合は、いままで経験したことはないが、警察署の生活安全課などへの通報が有効だと思われる。

 

ただ、ひとつ問題点がある。というのは、この情報、すなわち、ドメインの管理者などが記載されているwhois情報は、ドメインを取得する場合に開示されるべきものであるが、ドメイン情報保護代行サービスというものがあり、これを利用されていると、わからない場合もある。このときは、そのサービス会社あてに、経緯を説明し、迷惑メールのドメイン登録者に連絡してもらうように要請するのである。

 

少し時間はかかるが、この方法で、迷惑メールが止んだことがあった。

 

以上は、筆者の体験した迷惑メールの対処法である。あくまでも数量の異常な場合に試みると良いかもしれない。その場合、こちら側の情報のうち、メールアドレス以外はできるだけ出さないように注意すべきである。また、メールの内容には立ち入らず、あくまで「数量が異常」で迷惑しているということを前面にだすほうが良いと思われる。メール内容に立ち入ることは、また別の問題を発生させ、複雑化させる懸念があるためである。

しかし、これでもゼロにはならない。やはり、無視するのが最善策かもしれないが。

 

(参考) 過去に経験したひどい迷惑メールの例

 

→ http://myfootprint.sitemix.jp/spammail_examples/

 

(2015-05-20)

 

ホームPage 1 / 11