• 音楽
「A for Real」— 2年半ぶりのミュージシャンとの再会

特徴のあるうたごえだった。ポップ調の楽曲ではあったが、なぜか心に響くものがあった。

 

そのミュージシャンに初めて出会ったのは、2年半前のクリスマスの時期だった。だが、それから、しばらくは、そのことを忘れていた。

 

先日、9月のある日の夜、所用でM駅の駅前をとおりかかったとき、一人の女性ボーカリストが路上ライブをしていた。しばらく立ち止まって数曲を聴いていた。そのうたごえは以前に聴いたことのある「A for Real」のmizuki(みずっきぃ)だった。

 

 

以前、このような記事を書いたことがある。

 

→ 「街角で聴いた歌ごえ」

 

あの2年半前と変わらないしっかりした歌声だった。「未完成な果実」など、懐かしいものだった。

 

この2年の間に、CDアルバムを2回出しているという。その最新作を買い求めた。自宅に帰って聴いてみたが、これらの曲もなかなかいいものである。内容は、つぎのとおり。

 

01_故郷II
02_blue_red
03_夜の夜行列車トレイン
04_MIDNIGHT_VISION_2
05_living_on_planet…
06_宇宙居酒屋「とり八」

 

 

「A for Real」は、mizukiとnaokiのユニットで、いただいたパンフレットによると、詩・曲ともに遊び心とオリジナリティを追求した楽曲を多数制作しており、それらをもとに、路上ライブを、都内・都内近郊にて行なっているという。

 

また、いつか、どこかで会えるかもしれない。今後、ますますの活躍を期待したい。

 

 

(P.S.)

 

一作めの「未完成な果実」などは、『real to heavy real』というミニ・アルバムにおさめられているが、いまでは、次のサイトで試聴することができる。

 

→ https://myspace.com/a_for_real

 

二作めのアルバムは、『Hyper Meltdown』で、ユーチューブに全曲が紹介されている。

 

 

ちなみに、ホームページは、

 

 → 「A for Real」のホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=A_for_Real&P=0

 

 → みずっきぃのホームページ [魔法のiらんど] http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=mizu0516

 

であり、携帯電話でもアクセス可能となっている。

 

(2012-09-23)