タグ:ドメイン
ひどい迷惑メールの対処法

迷惑メールが最近増えているようにおもう。一日に数通くらいならば無視できるが、それが一時間に3-4通、深夜の時間帯もかまわず一方的に機械的に送りつけられるのは、とても迷惑である。ときどき、このような類のメールが届く。このようなとき、単純に配信停止要請をしても、かえって相手を刺激し、メールの数量が増加することもある。

 

メールの内容はともかく、数量が多いのは問題。おそらく、自動で機械的に集めたメールアドレスに配信しているのだ。

 

参考までに、どのくらい多いのか、過去に経験した例をみていただきたい。

 

→ http://myfootprint.sitemix.jp/spammail_examples/

 

これに対して、どうしたらいいのか。試みた方法を記してみようと思う。

 

この配信元を特定し、そこに、迷惑している証拠をつきつけ、即時の配信停止を要求する。警察署への通報も辞さない、という態度で臨むと、たいていは配信を停止してくれる。

 

これまで、とても異常でひどい場合に、この方法で数件を停止させた。

 

このような配信元は、出会い系サイトへの誘導の場合もあれば、サイト利用料金詐欺の場合もあった。

 

この方法ですべてが解決できるわけではないが、おそらく7割以上は、配信を停止してくれるだろう。

 

方法は比較的簡単である。それには、送信されたメールのヘッダーをみて、必要な情報を集めることがまず必要である。

 

・送信者: ここにはメールが届かなかったときの返信先が記述してある。Reply-To とある項目がそうである。

 

・差出人: メールの差出人、発信者でFrom とある項目である。差出人の名前とアドレスが例えば次のように記述されている。
Get’sカ○タマーサポート <info@g8goi■yerff.pw>
神草 か○る【国境なき支援団連】 <info@g8goi■yerff.pw>

注意することは、差出人の名前が異なっていても、差出人のメールアドレスが同じことがある。逆に、差出人が同じでも、アドレスが別のこともある。迷惑メールはおそらく多数配信されているだろうから、いくつかのメールのヘッダーをみて、何種類かあることを知っておくのが良い。

 

・IPアドレス: 発信のIPアドレスと、途中経由するIPアドレスのふたつが記してある場合が多い。これを調べると、どの国のどの事業者から発信されたかがわかる。
発信IPアドレス: 175.45.173.97-109
経由IPアドレス: 27.255.66.248

 

次に、発信メールのドメインを調べる。同じ種類のメールでも、ドメインが異なることも多い。

 

例えば、ドメインとして
g8goi■yerff.pw
g8gio■e7tef.pw
g8gli■79weq.pw
のようなものが使われていた。このドメインを調べると、誰がこのドメインを取得したか、誰が使用しているかがわかる。また、ドメイン登録者、ドメイン管理者の氏名、住所、電話番号、連絡先メールアドレスの情報がわかるのてある。

 

では、どうやって調べるのか? 一般的には、ドメインの情報検索は、WHOIS情報として知られている方法で調べる。例えば、http://whois.domaintools.com などで、調べたいドメインやIPアドレスを検索窓に入れて検索すると、出てくる。

 

ここまでわかれば、ドメイン管理者あてに、調べた情報を添付して、配信された自分のメールアドレスから、迷惑メールの配信停止要請を行うのである。ただし、この際、こちら側の情報のうち、メールアドレス以外はできるだけ出さないように注意しながら行うべきである。

 

おそらく、迷惑メールの発信者は、添付された情報を見てだとおもうが、たいていは、すぐに迷惑メールの配信を停止してくれる場合が多かった。これでも止まない場合は、いままで経験したことはないが、警察署の生活安全課などへの通報が有効だと思われる。

 

ただ、ひとつ問題点がある。というのは、この情報、すなわち、ドメインの管理者などが記載されているwhois情報は、ドメインを取得する場合に開示されるべきものであるが、ドメイン情報保護代行サービスというものがあり、これを利用されていると、わからない場合もある。このときは、そのサービス会社あてに、経緯を説明し、迷惑メールのドメイン登録者に連絡してもらうように要請するのである。

 

少し時間はかかるが、この方法で、迷惑メールが止んだことがあった。

 

以上は、筆者の体験した迷惑メールの対処法である。あくまでも数量の異常な場合に試みると良いかもしれない。その場合、こちら側の情報のうち、メールアドレス以外はできるだけ出さないように注意すべきである。また、メールの内容には立ち入らず、あくまで「数量が異常」で迷惑しているということを前面にだすほうが良いと思われる。メール内容に立ち入ることは、また別の問題を発生させ、複雑化させる懸念があるためである。

しかし、これでもゼロにはならない。やはり、無視するのが最善策かもしれないが。

 

(参考) 過去に経験したひどい迷惑メールの例

 

→ http://myfootprint.sitemix.jp/spammail_examples/

 

(2015-05-20)

 

アクセスカウンタの設置方法

お気づきの方もおられると思うが、実は、いままで使用させていただいたアクセスカウンタが11月から使えなくなってしまった。このサイトでは、右下のほうに、

 

あなたは?????人目のお客様です。

ご訪問ありがとうございます。

また、いらして下さいね。

 

と表示しているそれである。

 

どうも、使用していた無料サーバーのドメインが消滅してしまったらしい。なので、せっかくこのサイトを訪問していただいても、そこで、読み込みか゛止まってしまうという弊害が起こっていたようである。

 

これに気がついてから、しばらくは、表示なしで運用させてもらったものの、どうも気になってしかたがない。

 

そこで、ホームページでのアクセスカウンタの表示方法を調べてみることとした。といっても、なにしろ、プログラミングには不慣れであって、なかなか、これといったものはすぐに見つけることはできなかった。

 

ようやく、あるところで、表示のアルゴリズムを説明してあるのを見つけた。

 

それを採用したのが、現在のページでの表示となっている。

 

簡単に説明すると、まず、次のような counter.php というファイルを準備する。

 

<?php

# file open as read-write mode

$handle = fopen(“counter.txt”,”r+”);

# file lock

flock($handle,LOCK_EX);

# read 1 line of file

$counter = fgets($handle);

# count up

$counter = $counter +1;

# file pointer to head

fseek($handle,0);

# output to file

fwrite($handle,$counter);

# release file lock

flock($handle,LOCK_UN);

# file close

fclose($handle);

echo $counter;

?>

 

また、counter.txt というファイルにはカウンタの初期値となる数字を記入しておく。

 

本文のhtmlの部分に、

<script type=”text/javascript” src=”counter.php”>

<iframe src=”counter.txt” height=25 width=55 frameborder=0 ><⁄iframe>

というような記述を行なう。

 

これで、とりあえず、アクセスカウンタを表示することができた。

 

しかし、ここで、問題発生である。

 

私は、LinuxでブラウザにFirefoxを使用している。これだと、表示はちゃんとできた。携帯電話でも、ひとまず数字の表示はできた。しかし、WindowsのInternet Explorerでは、うまく表示ができていないことがしばらくしてわかったのだ。

 

原因は、どうもiframeというコマンドの使い方にあるらしい。使用するブラウザによって、表示されるエリアが異なるようなのである。

 

というわけで、ひとまず、今回の記事は終わりとする。いまのところ、うまい解決方法が見つからないのである。

 

(2011-12-28)

 

P.S.

 

もしも、良い方法があれば試してみたいとおもっています。
ご存じの方のコメントをお待ちしています。

 

 

私も使用していますが、PHPについては以下がとても参考になります。

 

学生のためのPHP言語 ─基礎からウェブシステムまで

つくって覚えるPHP入門

 

私の「PC体験記」は、こちらでご紹介しています。
↓↓↓

Footprint Annex — PC体験記 —

 

パソコン(PC)から携帯電話(ケータイ)に届かないメール

先日、久しぶりに旧友からメールをもらった。そこでその友人に返信のメールを出した。ところが、そのメールが届かず、戻ってきてしまった。

 

ときには、こんなこともあるのだなと、少し調べてみた。

 

自分の環境はPC(パソコン)のアドレス、その友人はdocomoの携帯電話のアドレスである。でも、その三ヶ月前くらいには同じようなやりとりをしたが、そのときは何の問題もなかったのだ。

 

また、その友人のほかにもdocomoの携帯電話を持っている友人・知人はいるし、いままで特にメールのやりとりも支障はなかったのだ、がである。

 

以下は、戻ってきたメールの表題で、
Undelivered Mail Returned to Sender
とある。

 

内容は、

 

This is the Postfix program at host xxxx.xxxx.xxxx.jp. I’m sorry to have to inform you that the message returned below could not be delivered to one or more destinations. For further assistance, please send mail to <postmaster>
If you do so, please include this problem report. You can delete your own text from the message returned below.
The Postfix program <xxxxxxx@docomo.ne.jp>: host xxxx.xxxx.docomo.ne.jp[xxx.xxx.xxx.xxx] said: 550
Unknown user xxxxxxx@docomo.ne.jp (in reply to end of DATA command)

 

というようなものであった。

 

これをみても、宛先が不明としか読めない。でも、そんなはずはないのだ。

 

さて、何が変わったのかと思い、いろいろ訊いてみると、どうも携帯電話の機種を換えたらしい。それもdocomoの新機種らしい。この点しか思い当たらないと、その友人はいう。

 

そう、auやvodafone、Softbankといった携帯電話を持っている友人たちとのメールのやりとりでは、このような問題は少なくともこれまではなかった。

 

どうも、最近のdocomoの携帯電話は、デフォルト(標準)で、つまり購入したときの状態のままでは、PCからのメールを拒否する設定になっているらしい。あるいは、受信にはなにか特別な設定が必要であるらしいことが、インターネットを這回していてつかめた。

 

どうやら、PCからのメールを受信してもらうには、「受信・拒否設定」で、「パソコンからのメールを受信する」にチェックを入れて設定してもらわないといけない。

また、docomoの新機種の場合、URL付きメール拒否という項目が標準で「設定する」になっていると、PCからのメールは携帯電話では受信できないようだ。

 

いままでドメイン指定受信に追加すれば届いていたメールでも拒否してしまうらしい。

 

さらに、その場合でもHTMLメール(いわゆるデコメール)は受信できるという。なんだかわけのわからない設定がデフォルトでされているらしい。

(この部分はこの記事を参考にしました。)

 

その友人には、あらためてPHS(簡易型携帯電話)のアドレスからメッセージをメールして、こちらは問題なく着信したようだ。自分の環境は、PHS(Toshiba製のWX320T)で、一応、PHSのメールもパソコン(PC)のメールも、どちらもPHSで扱えるように設定してある。PCのアドレスから発信したメールはつながらないが、PHSのアドレスから発信したメールは問題ないようである。

 

docomoの携帯電話とのやりとりには、ちょっとした注意が必要だな、と感じたできごとであった。

 

(2010-5-22)

 

Cartina UMと無線LAN (Fedora11編)

昨年末にDosparaの通販で購入したPrime Note Cartina UM だが、これまでFedora 9 をOSとして使用していた。(Fedora Core 9 とばかり思いこんでいたのだが、いつのまにか Core が取れていたことに気がついた。)しかし、ここ半年くらいの間に、バージョンがあがり、6月の初めにFedora 11がリリースされた。そこで、これを機会に、OS を Fedora 11 にすることにした。

 

作業は、ISOイメージファイルのダウンロードから始まり、USBメモリへのインストール、USBメモリから起動し、ハードディスクの特定領域へインストール、無線LANの設定の順で実施した。

 

今回は、CD-RまたはDVD-Rにデータを焼かないで、USBメモリを使ってインストールすることにした。というのは、8GBのUSBメモリは1800円という価格で購入できたからであった。(メモリの価格下落は、我々消費者にはありがたいが、製造メーカーにとってはたいへんなことであるとおもう。本題から外れるので、この話はまた別の機会にしよう。)

 

以下は、その記録である。

 

最初は、Fedora 9 からのバージョンアップを考えていたので、DVDのインストールイメージファイル(約3.8GB)をダウンロードした。

 

こうすれば、開発ツール類も同時にインストールできるのではないかとおもっていた(なにしろ、サイズが3.8GBもあるのだから。)のも理由のひとつであった。

 

USBメモリへのインストールには、live USB creator というソフトを使用した。これには、Windows版が用意されていたので、別のWindows PCで動作させた。

 

さて、USBメモリへのインストールは、問題なく完了したのだが、問題はこの後に発生した。USBメモリから起動すると、インストールの画面になった。そして、ハードディスクの領域の設定などを確認する画面になり、必要な情報を書き込もうとするのだが、途中でエラーになってしまった。何度か、試みたが、うまくいかなかった。そして、あきらめて、元々のFedora 9 が入れてあるハードディスクから立ち上げようとしたら、もうシステムが立ち上がらない状態になってしまっていた。

 

そこで、少し手間がかかるが、新規にインストールをすることにした。今度は、CDのインストールイメージファイル(約700MB)をダウンロードした。

やはり同じ方法で、改めてUSBメモリにインストールしたのである。

 

そして、 USBメモリから起動し、Fedora 11 をLive CD の形で動作させ、その画面上の「ハードディスクへのインストール」から、インストール作業を行うことによって、ようやく無事インストールできたのであった。

 

カーネルのアップデートといくつかの開発ツール類をインストールするために、有線LANに一時的に接続しなければならなかったのは、Fedora 9 のときと同じであった。

 

無線LANの設定は、以前に紹介したドライバ(下記)をインストールした後に、Fedora の Network Manager でAPなどの設定をするだけで、簡単に接続できるようになった。

手順は、 Fedora 9 の場合とほぼ同じ(以前、資料 ( Cartina_UM_WLAN_with_FC9.pdf ) で紹介した項目の(1)から(7)までは同じ)であるが、(8)の設定は、Network Manager を起動して実施したほうが簡単なようにおもう。

 

WLAN driverは、例えばこのサイトなどにある。

 

以下は、主な手順である。(詳細は、前回の資料 ( Cartina_UM_WLAN_with_FC9.pdf ) を参照してほしい。)

 

$ tar xvfz rtl8187se_linux_26.1023.1118.2008.tar.gz

$ cd rtl8187se_linux_26.1023.1118.2008

$ make

$ su

# make install

 

なぜ、CDイメージからのインストールがうまくできて、DVDイメージからのインストールができなかったのか、詳しくは検証できていない。しかし、考えるに、ディスクのフォーマット、特に、ルート(/ )ディレクトリ以下を実装するディスクが従来のext3ではなく、新規のものになっていたことが原因かもしれない。このあたりは、今後の課題としておきたい。

 

さて、Cartina UM だが、画面サイズが 8.9インチであり、今のネットブックの主流のサイズが 10.1インチとなってきつつあることから、ちょっと小さいなと思うときもある。でも、十分コンパクトで使い勝手は良い。

 

アップデートは、yum update でできるが、カーネルのアップデートがもしも含まれた場合は、一度、アップデート後にPCを再起動すると、無線LANに接続しなくなったときがある。このときは、

 

$ cd rtl8187se_linux_26.1023.1118.2008

$ su

# make uninstall

# make install

 

を実行し、もう一度、PCの再起動を行うことによって、無線LANに接続できるようになった。

 

(2009-6-27)

 

迷惑メールのその後(2)

迷惑メール、スパムメールという類の不要な電子メールについては、プロバイダのスパムブロックサービスを利用している。

 

スパムメール・迷惑メールと自動的に判定されたものは、プロバイダの迷惑メールボックス受信箱に送られることになっている。一週間以内に処理しないと自動的に削除される。一週間に一度見に行っているのだが、最近、これらスパムメールの数が以前よりも増えてきているような気がして、数えてみることにした。

 

そして、カウントした結果を見ておどろいた。あくまでも私の場合であるが、5月のある一週間で受信箱に入った正規の受信メールは約22%であった。つまり約78%のメールは、スパムメールとして認識され、プロバイダの迷惑メールボックス受信箱に格納されていた。

 

その中には、自分のメールアドレスから自分あてに出したようなものも3割ほど含まれていた。もちろんこのような事実はないので、誰かが発信者を詐称しているに違いない。

 

また、ぼちぼちであるが、迷惑メールボックスに入らずにすり抜けて通常の受信箱に入る迷惑メールが出てきた。そこには’cn’のドメインが見えた。

 

あまり気にしないで、またしばらく様子を見ることにした。しかし、それにしてもやっかいである。

 

(2009-5-30)